ライフスタイルに合わせて物件も選ぶ|内装が凝ったものが多い

home personal

賃貸と分譲

賃貸マンションと分譲マンションはどちらがいいか

賃貸マンションと分譲マンションのどちらがいいかという議論があります。 多くは金銭面の問題ですが、最終的に得なのはどちらでしょうか。 賃貸マンションは毎月家賃を払うため、分譲マンションはその家賃分の負担以下のローンであれば、分譲マンションの方に分がありそうです。 例えば、家賃10万円の賃貸マンションの場合、分譲マンションは毎月のローンが7万円程度であれば分譲マンションがお得ということになります。毎月家賃を7万円払っているのと同じ上に、ローンを完済したら自分の家になるのと同じわけです。 ただ、どの程度頭金を払ったかやローンの長さが何年かにもよります。もし、35年ローンの場合であればいくら安い金利だとしても金利だけで1000万円以上は払っているということになります。

結局は価値観の問題になる

また、ローンが30年や35年ローンの場合は繰り上げ返済をして25年程度に縮めたとしても20年もすれば住宅の価値は無きに等しいですので、賃貸マンションを購入したほうがいいかもしれません。 ですが、10年程度のローンで済むのであれば(繰り上げ返済をした結果10年程度に短くなった場合も)、10年後から先はほぼ何も払わずに済む分譲マンションのほうが有利と言えます。 金銭面以外では、賃貸マンションよりも分譲マンションのほうがそこに住んでいる人の民度は高いのが一般的です。収入面でも賃貸マンションよりも分譲マンションのほうが平均値は高いのです。 このように考えると、結局は、その家庭の住人がどちらに価値を感じるかということになります。